おつかれ or Thanks for the Teachings

残念ながら、昨日、春学期の日本語教室が終了しました。この教室はすごく楽しくて、沢山日本語を学びことができました。そして、色々な人と友達になることができました。このビデオの中でインドネジアの友達は日本の歌を演奏しています。曲の名前は覚えてないけれど、皆に感謝を示したかったので、演奏して、良かったです。

We had our final Japanese class last night. This class has been a lot of fun, and I have been able to learn a lot of Japanese from everyone here. I’ve also made friends with people from all over the world. In this video, my friends from Indonesia are singing a Japanese song. I do not know the name of the song, but they wanted to sing it to show their appreciation for everyone in the class. Good times!

靴を見下ろしながら歌を聴きましょう or Shoegaze Project Needs Your Help

Farwell Continental」のギタリストトムさんは「shoegaze」というジャンルのアルバムを録音したいんです。あなたはトムさんを手伝ってあげられます。トムさんはプロジェクトのために、「Kickstarter」という募金のウェブサイトを使っています。「Kickstarter」は音楽録音とか、募金集めのサイトです。5月19日までに、2000アメリカンドールを募金したら、アルバムの録音が始められます。トムさんのプロジェクトをもっと知りたければ、下記のインタビューを読んで、このリンクをクリックして下さい。

お帰り下松:トムさん、こんにちは。この新しい音楽プロジェクトの計画についてちょっと話してもらえませんか。特に、なぜ今ごろ、始めようと決めましたか?

トムさん:年数の間、色々なバンドに参加していたが、いつも自分でイギリス「shoegaze」みたいレコードを録音したかったから。

お帰り下松:この音楽プロジェクトは名前がありますか?

トムさん:まだですよ。でも、バンド名前は考えています。もしかしたら、後二つ曲を録音したら、名前は自由に考えられます。

お帰り下松:アルバムは何処で録音するつもりですか?

トムさん:アメリカのミネアポリスです。私の古里ね。

お帰り下松:誰がこのアルバムをエンジンニアしますか?自分で?

トムさん:私の友達の「Knol Tateさん」はエンジンニアをします。なぜなら、私たちは友達で、録音の時、彼は色々な技術が使えるから。実は、私の曲はかなりシンプルなので、ギターフェードバックとか、沢山音が欲しいんですよ。昔「Jesus & Mary Chain」みたいな?

お帰り下松:何個とどの楽器を弾くつもりですか?

トムさん:ギター、ドラム、バースギター、シンセサイザー。すべての楽器はけっこうゆがめるだと思っています。

お帰り下松:リリースするのはいつでしょうか?デジタルダウンロードだけですか?

トムさん:とりあえず、デジタルダウンロードだけですね。もしかしたら、手作りのCDをリリースするつもりですが、世界中で人々がこのアルバムが欲しいければ、ダウンロードの方が簡単だと思っています。もし、レコード盤があれば、しあわせになりますよ。

お帰り下松:リリース後、コンサートを演奏予定がありますか?それとも、録音だけプロジェクトですか?

トムさん:これは大体録音のプロジェクトですが、多分、演奏します。リリースのコンサートは開くつもりです。その後、様子見かな。

お帰り下松:何か「Kickstarter」を影響させましたか?しかも、それはどう思いますか?

トムさん:私の友人は「Kickstarter」から成功させました。その後、成功させたの友人に確認しました。そして、ゴールできなかったら、全然大丈夫ですよ。でも、ゴールできたら、プロジェクトのために、料金をもらえます。友人は私に応援しているので、今まで楽しいです。

お帰り下松:17歳の時に「shoegaze」を聴きましたか?

トムさん:そうですよ。特に、「My Bloody Valentine」を聴いた。17歳のとき、いっぱい「shoegaze」とパンクロックを聴いた。実は、様々な音楽が好きなんですけど、このプロジェクトの中心ははっきり「shoegaze」です。

Farwell Continental guitarist Tommy Rehbein is ready to make a shoegaze record, but he needs your help to make it happen. Rehbein is using Kickstarter, which is an online arts-projects-oriented fundraising site to support the project. If he raises his goal of $2000 by May 19, all systems are go. To learn more about Rehbein’s project, please read through the interview with him below and then hop over to his Kickstarter page to make your pledge.

OK: Hey Tommy, please just tell the people what this project is all about and what has made you finally decide to give it a go.

TR: For a number of years I’ve been in various bands (and still play in Farewell Continental), but I have always wanted to make my own record that mirrors my love for British shoegaze.

OK: Does the project have a name?

TR: Not yet. I’m making a list of names that might work. I think once I hear come completed songs, the name will hit me.

OK: Where will you record it?

TR: I will record it in Minneapolis/St. Paul, MN – my home area.

OK: Who will engineer it? Or is this totally Tommy Rehbein only?

TR: My friend Knol Tate is engineering the album. I chose him because first, we are good friends and also because he likes to experiment a lot when he records. The songs themselves are pretty simple, 3-chord pop songs, so I want to use mangled tones, a lot of noise, guitar feedback, etc. Kind of like old Jesus & Mary Chain or something.

OK: How many, and what instruments do you plan to use?

TR: Guitars, drums, bass, synth. I’m sure everything will be fairly distorted, too.

OK: When will you plan to release the record and will it be digital-download only?

TR: As of now, it will be digital only. I’ll probably do a short run of physical copies with hand made packaging on cd, but download will be the best way to go because a lot of people from far away will want the album. If I can find someone who will help me put it out on vinyl, that’d be cool.

OK: Do you plan to do shows or is this a recording-only project?

TR: It’s more of a recording project, but I may do a few shows. I plan on having a show to release the album. Beyond that, it’s kind of up-in-the-air.

OK: What made you decide to use Kickstarter and how do you feel about this evolution in the funding of recording projects?

TR: I watched a few friends have success with Kickstarter, then talked to a few people. I wanted to be sure it was legit. Ultimately, I figured it was worth a shot because you don’t have anything to lose: if you don’t meet the goal, you didn’t lose out in a personal investment. But if you make the goal, you have the revenue to make a project. It’s been fun, too, because my friends are really rooting for me.

OK: Were you listening to all these bands at age 17?

TR: Yeah, especially My Bloody Valentine. When I was 17 I listened to a lot of shoegaze music and a lot of punk rock. My tastes are all over the map, but this project specifically focuses on my love for the shoegaze genre.

公園までに口笛しようよ or Whistling for the Bird

今月、バードアンドリューさんは新しいアルバムを発売しました。「Break It Yourself」と言うアルバムはバードさんの12番目のアルバムです。やっぱり、アルバムの中には色々な学期を弾いている。例えば、バイオリンやギターやサクソホーンやドラムです。それで、もちろん、バードさんは口笛しています。バードさんは口笛しなかったら、少し変になるだろう。ところで、毎度、バードさんに聴いて、彼は私に口笛させています。前のバードさんのアルバムは好きだったら、「Break It Yourself」も好きになるかもしれません。

このビデオを見てごらんね:

Andrew Bird released what I believe is his 12th album, Break It Yourself, this month. He is still using lots of instruments such as the violin, guitar, saxophone, and drums on his recordings. And, of course, he is still whistling. If he didn’t whistle on a record, it’d be a little strange, eh? By the way, every time I listen to Andrew Bird, he makes me want to whistle.

If you have enjoyed Bird’s previous records, Break It Yourself should do you no wrong.